13日午前2時30分ごろ、東京・渋谷区のマンションに設置された防犯カメラが、窃盗の瞬間を捉えた。

【映像】道具を使って車輪だけを…悪質窃盗の瞬間(冒頭~)

 通路に立てかけられた自転車の前方から、何者かの腕が伸びている。腕は階段部分の格子の隙間に入り、自転車の前輪の部品を回すような動きを見せる。約4分後、自転車から前輪が外れ、持ち去っていった。マンション入り口付近の防犯カメラにも、前輪を持った半袖・ハーフパンツ姿の男の姿が記録されていた。

 さらに、被害はこれだけでは終わらない。前輪が盗まれてから約50分後、先ほどの男とよく似た格好の人物が現れた。男は、工具を使い、自転車の後輪を外そうとする。1分ほどで後輪を外すと、その場から立ち去っていった。

 自転車は、被害男性が各パーツを選んだセミオーダー品。価格は約25万円、盗まれたタイヤは合わせて約11万円したという。被害男性は「返してほしい気持ちはあるが、返ってきたタイヤを使うのも気持ちが悪い」と心境を吐露。「本当にやめていただきたい」と訴えた。男性は被害について警察に相談しているという。 (『ABEMAヒルズ』より)
「本当にやめて」自転車の“車輪”窃盗の瞬間 東京渋谷区


(出典 news.nicovideo.jp)

窃盗(せっとう)とは、窃かに盗むこと、あるいは単に盗むことをいう。倫理的・道徳的に反社会的行為とされ、また、法的にも、不法行為責任および刑事責任が問われるのが通常である。 また、日本法においては、正しくは「他人の財物を窃取すること」をいう(詳細については窃盗
6キロバイト (728 語) - 2021年3月4日 (木) 20:32


人の物を盗んではいけません

<このニュースへのネットの反応>

住宅には管理人が常駐している場合も有ると思うが、それとは別に、自転車置き場への入退室を管理する者を常駐させたら、社会性が高まる事は間違いないと思う。例え管理にお金が割増で掛かっても微々たる出費、やはり自身の所有物を預ける訳で有るから、神経質に成る者もいるだろう。自転車一つ、商売道具に成っている方もいるのが現状。出前利用する人の社会性を奪う、悪しきものは排除。


「泥棒が触った物には泥棒菌がついてる」からねぇ。