コロンビアの北西部アマガで今月18日午後、25歳の女性が45メートル150フィート)超の橋の上からジャンプして死亡していたことが明らかになった。女性はバンジージャンプに訪れていたが、命綱となるロープの装着をしていなかった。『Metro』『The Sun』などが報じた。

亡くなったのはジェセニア・モラレス・ゴメスさんで(Yecenia Morales Gómez、25)、ボーイフレンドと一緒に橋の上でバンジージャンプ前の装具の準備をしていた。

その後、そばにいたインストクターが先に準備を終えたボーイフレンドに「ジャンプして!」と声をかけたところ、ジェセニアさんは自分に指示があったものと勘違いし、まだ足首にバンジーコードが装着されていない状態で橋の上から飛び降りた。ハーネスは付けていたという。

この時の様子は動画で撮影されており、ジェセニアさんが勢いをつけて橋から飛び降りると周囲からは悲鳴があがった。

現場ではボーイフレンドがジェセニアさんに心肺蘇生法を試みたものの、後に駆けつけた消防隊によって死亡が確認されている。また死因については「ジェセニアさんは落下中に心臓発作を起こしていた」と『El Tiempo』が伝えているが、詳細は明らかにされていない。

事故を受け地元当局が捜査を開始しており、「バンジージャンプを提供していた2つの会社は無許可で営業を行っていた」との情報もあがっている。2人が利用したのは「スカイ・バンジー・ジャンピング(Sky Bungee Jumping)」という会社で、ジェセニアさんはその日90人目の客だったようだ。

ジェセニアさんは弁護士で、男きょうだいのアンドレスさん(Andres)は「読書とダンスが好きで起業家精神にあふれた幸せな女性だった」と述べ、早すぎる死を悼んだ。

ちなみにバンジージャンプの事故では2019年ポーランドで約100メートルの高さからバンジージャンプに挑戦した男性が、エアマットに叩きつけられ重傷を負った。男性の足首とロープを繋ぐハーネスが何らかの理由でロープから外れたという。

画像は『The Sun 2021年7月22日付「DEATH PLUNGE Bungee jumperdied of heart attack MID-AIRafter realising she’d jumped off bridge with no cord」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

バンジージャンプ(Bungee jumpingまたはBungy jumping、Bunjee jumping)は、高層ビルや橋の上などといった高い場所から命綱一本で飛び降り、そのフォームの美しさなどを競う競技、またはアトラクション。 その起源はバヌアツ共和国ニューヘブリディーズ諸島にあるペンテコスト
16キロバイト (2,306 語) - 2021年7月16日 (金) 08:38


怖すぎ

<このニュースへのネットの反応>

それただの飛び降り自〇や…。まあ「落下する直前に心臓発作を起こしていたと伝えるメディアもある」って書いてあるからわからんけど


今年のダーウィン賞候補か・・・・


ほう紐無しバンジーですか…たいしたものですね


100%本人の過失かって言うと微妙だからダーウィンは厳しない?


幸せの絶頂だったからなのか、有頂天すぎて周りや自分の確認を怠ったのは残念だな。彼氏がもしかして計画殺人的に勘違いさせた?とかではないと思いたい。


やった事ないから判らんけど、ロープ繋がってないのって気付かんもんなの?


まあ、片方が準備中なのに「飛べ!」なんて声をかけるような会社はマトモな会社じゃないだろう。そもそも二人同時に準備なんてありえん。「直前に心臓発作」も会社が責任逃れするために言ってる事じゃねーの?


ロープと身体を繋ぐ器具は装着してたけどロープは装着されて無かったパターンかな。それで被害者がロープが装着されていると感じて気付かなかったパターンは日本でもあったわ。(バンジーじゃなかったけど)


リンク先の動画を見たけど、マジで飛び降りる瞬間の映像があってびっくりしたわ。しかも、前の人が回収されている途中で飛び込んでるあたり、安全管理の意識なんて全く無かったんだろうな。橋もボロくて下の川はめっちゃ浅く、木も生い茂ってる。


会社の不手際もあるが、会社の判断・言葉に自分の命を全て委ねてしまう客の方にも問題があるだろ・・・自分の命なんだぞ!


そもそもなんでわざわざお金払ってぶら下がりに行ってるのかが理解できない。時間の無駄。


流石にインストラクター側に過失あるでしょ、これは。ボーイフレンドくんトラウマヤバそう。


そら二人居るところに「飛べ」なんて言ったら二人とも飛ぶわまぁボーイフレンド側は飛んでないみたいだけど普通に会社側の過失


死と隣り合わせの遊びに興じる思考がわからんので何とも言えんが、バンジーする人って命を他人に預けてる恐怖がないのかね?


バンジージャンプの準備してるときって、自分は落ちる方向いてて後ろのインストラクターの作業状況とか確認しづらいから、指示きたら飛んじゃうよなぁ…これは女性が可哀想。


ダーウィン賞とまでは言わんがテンパりすぎだな。先頭の1人以外飛び込めないように、開閉可能な柵とかつくってりゃこういう事故の対策になるんじゃね?


運営側の責任も重いな。柵を乗り越えていったとかでないなら、紐付ける前に飛び降りられる位置にいるのがまず危ない。


どう読んでも会社側にかなりの責任がある事故だよなあ。これにダーウィン賞とか言える人が安全管理が必要な場所にいないことを祈る


こういう人は、頭が働いてなくて言われたことを反射的に実行してしまうんだよなぁ・・・自分にも覚えがある話だ


正直、普通に生活してる中でも起こる人には余裕で起こりうることだから紐なしバンジーでこれやるのは会社側がアホ。